周受資氏が中東最大のテクノロジー展示会LEAPに出席

LEAPは、中東版のダボス会議と呼ばれ、世界最大の科技展の一つで、サウジアラビアのリヤドで開催されます。このイベントには、テンセントグループのシニア副社長の唐道生氏、DJIの共同創業者の李則湘氏、アリババグループの副社長の袁千氏、商汤科技の共同創業者の王晓剛氏など、中国の有名な科技人士が参加しました。また、世界各地から多くの投資家や起業家も集まり、科技業界の最新情報やトレンドについて議論しました。

3月6日、TikTokのCEOであるZhou Shouzi氏は、「より密なグローバルなつながり」をテーマに対談し、「TIKTOKは次世代と若者に投資することに力を入れています。サウジアラビアは非常に若い国であり、そこには多くのパートナーがいます。2030年ビジョンの一環として、現地の組織と協力してビデオを制作しています。お互いの力を強化するために」と述べました。以下は対談の要点です:

  1. イノベーティブなコンテンツの推奨:アルゴリズムの重要性を強調しました。TikTokはコンテンツとユーザーの印象を組み合わせ、パーソナライズされたコンテンツを提供するためにパターン認識技術を活用しています。
  2. ユーザーの安全性の強調:セキュリティは核心とされ、有害なコンテンツの伝播を防ぐために製品デザインされています。
  3. テクノロジーの改善とコミュニティ規範の確立:技術を継続的に改善し、コミュニティ規範を確立し、有害なコンテンツを迅速に識別および削除します。
  4. 誤情報の除去:TikTokはプラットフォームから誤った情報を削除し、情報の真実性と客観性を保つことを目指しています。
  5. 機械学習とビデオ制作:背景を考慮した新しいビデオ制作ツールを提供するために機械学習技術を活用しています。
  6. 関係性とユーザーエクスペリエンスの強調:デジタル時代において、TikTokは健全な関係と長期的なユーザーエクスペリエンスに注力しており、異なる年齢層の使用を含みます。
  7. サウジアラビアと中東への投資:TikTokは次世代と若者に投資し、2030年ビジョン計画をサポートするために現地の組織と協力しています。

中東は急速に世界の電子商取引とソーシャルメディア市場の主要な戦場になっています。特に、TikTokはこの地域で著しい成長を遂げており、現地のコンテンツクリエーターをサポートするためにMCN組織を設立し、コンテンツの品質とカバレッジを向上させ、プラットフォームに露出と収益をもたらしています。2021年以降、TikTokは中東市場での成長が加速し、特にライブストリーミングや電子商取引分野での成長が顕著です。

2022年のデータによると、TikTokは中東地域で非常に優れた収益を上げており、特にサウジアラビアとアラブ首長国連邦の市場が目立ちます。2021年、TikTokはインドネシアでTikTok Shopを立ち上げることでライブ電子商取引分野に本格参入しました。この戦略は迅速に中東地域に拡大しました。なぜなら、この地域は世界で最も急成長している電子商取引市場の一つであり、特にインターネット普及率が世界トップレベルにあるからです。

バイトダンスの中東市場での存在感はTikTokプラットフォームに限定されていません。2021年早くも、同社はドバイを拠点とする電子商取引物流会社であるiMileに投資し、中東地域の電子商取引物流の課題に取り組んでいます。同時に、アリババ、JD.com、Amazon、eBay、そしてPinduoduoなどの他の国際的な電子商取引巨人も中東市場に積極的に進出しており、電子商取引巨人同士の戦いが中東で始まろうとしています。